citen_memopad

前回、今使っているノートを紹介しましたが、その前に使ってたのが印刷加工連メモパッド。
これもチップボールの表紙。見た目だけで選びました。ただ、文房具に無知だった僕は用途を完全に間違えていて……。

商品名通り、メモパッドなので本来切り取って使うものだと思うのですが、そんなことにも気づかず、記録用のノートとして打ち合わせ内容やスケジュールを書き留めたり、移動時に簡単なアイデアスケッチをしたり、切り取らないでめくって使っていました。

citen_memopad2

普通のノートと違って当然上にめくる形になります。はじめのうちはいいのですが、ページが増えてくると開きにくい。しかも、使っているうちに大事なことが書いてあるページが切り離れてしまって、なくしてしまったり(笑)

そんな間違った使い方をしてしまっていたのですが、使ってみて改めて気づいた点がありました。

•マイクロミシンが入っていて、簡単に綺麗に切りとれる。
(間違った使い方をしてた当時の僕は困りましたが、これ本来なら使いやすい点です)
•一枚のチップボールに切り込みを入れてあって、折り畳んだだけで台紙と表紙の両方になる構造。使わない時はメモ用紙をくるむ形でカバー。少し斜めに切り込みされていて、切り込みにハマる形でホールドされる。使う時は表紙が裏に180度綺麗に回り込む形で邪魔にならない。
•かなり厚いボール紙なので、立ったままや机がない場所でも問題なく使える。
•A5サイズが持ちやすく、携帯しやすい。
•メモパッドという商品名ですが、スケッチしたりドローイングパッド的な役割で使っても、小さ過ぎなくてとても使いやすい。
•ボール紙だから折れない、曲がらない。
•ですが、ボール紙。カバンに入れて持ち運びしていたので、一冊使い終わる頃には結構ボロボロになりました。
•紙は優しいクリーム色。(無頓着な僕は書き心地を意識してなかったので、差異はわかりません)

素材、アイデア、技術が機能と形に自然と結びついていて、とても素晴らしいデザインです。

詳しくは、こちらから。
印刷加工連 MEMO PAD(メモパッド)

皆さんは、正しい使い方を(笑)